<Infomation/お知らせ>

緊急事態宣言の発出に伴い、2月7日までのプログラムを中止・延期とさせていただきます。

木の一輪挿し作り 参加者6名

今回の工作は、ガラスの試験管を差し込んだ壁掛け型と棚置き型の

2種類の一輪挿しを作りました。

最初に壁掛け型の板にあけた表と裏の穴を広げました。

金ひきのこで穴の周囲に切り込みを入れてから、彫刻刀で削って

いきました。皆さん黙々と作業されていました。

ヤスリでこすって、表面を滑らかにし、試験管を収めるパーツを

ボンドでくっつけました。

ボンドが乾くまでの間、棚置き型の一輪挿し作りに取り掛かりました。

数種類の模様の絵の中から作りたいものを選び、板に書き写してから、

糸のこで切り抜きました。

バーナーを使って、それぞれの一輪挿しの全体に焦げ目をつけました。

布でみがいて炭を取り除き、壁掛け型の上の部分に穴をあけ紐を通して

出来上がりました。木の落ち着いた香りが広がりました!