<Infomation/お知らせ>

 5月19日(火)より一部開園します。駐車場・散策でのご利用が可能です。屋内施設は引き続き閉鎖させていただきます。密になるのを避けながらご利用ください。

JUGEMテーマ:写真

西の谷 ジーンファームで育てている
ササユリの蕾がふくらんでいます。

種を蒔いてから5年目です。

開花が楽しみです(*^_^*)
 

 
5月らしい爽やかな陽気の中、餃子の皮を使って、ピザ餃子を作りました。
      
まず、玉ねぎやウィンナーを細かく切りました。
餃子の皮にピザソースを薄く塗り、好きな具をのせ、
さらに上からチーズをのせました。

2枚の餃子の皮のふちを張り合わせ、熱した鉄板で両面を焼きました。
パリッと香ばしいピザ餃子が出来上がりました。特に子どもさん達に
好評でした。
      
食べ終わった後、保与谷池に続く坂道でペットボトルを
ピンにして、丸太を転がしてボウリングゲームをしました。
      
丸太の太さと長さがまちまちで、まっすぐ転がらずレーンからそれて
溝に落ちたり、止まったりと大騒ぎでしたが、子供さん達は楽しんで
いました。

今回の登山は朝から天候に恵まれ、登山日和でした。
      
皆さん、広場で準備体操をした後、東の尾根道からスタートしました。
      
木漏れ日が射す明るい散策路は、木々の葉が生き生きと見えました。
      
地面が乾燥して滑りやすくなっていたので、展望台まで慌てず
ゆっくりと登りました。
      
展望台に到着して休憩した後、帰りは黒岩と馬の背、峠の東屋を
経由して東の谷に下山しました。

糸のこで板を切り抜いて、ハウス型のキーケースを作りました。
       
定規を使って、板にキーケースの下絵を正確に書きました。
       
糸のこで下絵の線にそって板を切り抜いていきます。
ほとんど直線だったので比較的短い時間で切れました。
               
紙やすりで切った断面をみがいて、形を整えました。

木工ボンドでパーツをひっつけ、ボンドが乾いてから、鍵をひっかける
フックや金具をつけたら完成です。

5月のわらび狩りは朝から天候に恵まれました。
      
散策路を通って、野原に着いた参加者の皆さんは
注意深く目を凝らしながら進みました。
      
葉っぱが開きかけたわらびもありましたが、
よ~く探すと、採り頃のわらびがニョキニョキと顔を出していました。
      
皆さんは管理棟前に戻った後、採ったわらびと共にあく抜き用の
木灰を持ち帰りました。

親子で竹の棒を使って、バウムクーヘンを作りました。
      
ボウルに卵と溶かしバターを入れて混ぜ、ホットケーキミックスと
薄力粉、砂糖を加えてさらに混ぜ、生地を作りました。
      
竹をあぶって、油をふきとってからホイルで包み、
生地をかけて竹を回しながら炭火で焼きました。
表面が焼けてきたら、また生地をかけて、根気強く焼いていきます。
      
竹から生地を抜き取って輪切りにすると、きれいな年輪の模様が
出来たバウムクーヘンが完成しました!
      
しっとりとして、美味しく仕上がり、子供さん達も大喜びでした。
食べ終わった後、子供さん達はターザンごっこでブランコや滑車、
ロープで斜面を登って遊びました。

野外ゲームは6組の親子が参加され、芝生広場でグランドゴルフと
麦わら帽子投げを楽しみました。

皆さん、交代をしながら順番に8ホールを回り、合計打数の
少なさを競いました。最初は打ち加減が分からず、遠くまでボールが
転がってしまう場面がありましたが、ゲームは大いに盛り上がりました。

上位1位~3位に入賞した子どもさんは賞品の竹の水筒、竹とんぼ、
けん玉が贈られました。

麦わら帽子投げは、得点がついたつるの輪にめがけて
帽子を投げ、得点に入った帽子の合計を競いました。
狙い通りに帽子が飛ばなかったので、白熱したゲームが
繰り広げられました。

半分に割った竹を使って、つくねを作りました。
     
ボウルにミンチと刻んだ玉ねぎ、セロリ、卵、
パン粉を加えてよく混ぜ合わせました。
     
半分に割った竹の中につくねをつめ、ホイルで包みました。
時々様子を見ながら炭火で蒸し焼きにしました。

つくねが出来るまでの間、子どもさん達は木と木の間に張った
ワイヤーを滑車を使ってターザンの様に移動したり、
ブランコに乗って遊びました。
      
しばらくすると、おいしそうな香りが漂い、つくねが出来上がりました。
つくねにタレをつけてスープと一緒に食べました。