<Infomation/お知らせ>

 10月末より現在、公園宛に送信されるEメールにサーバーの障害が出ています。Eメールを送信された際、お手数ですが確認のお電話をかけていただくよう、お願いいたします。

カスミサンショウウオの卵塊の観察会 参加者14名

西と東の谷のそれぞれの湿地で、絶滅危惧種のひとつとして数えられる
カスミサンショウウオの卵の塊を観察しました。
       
西の谷の農舎で集合した参加者の皆さんは、ボランティアさんから
注意事項等の説明を聞いたのち、湿地へ向けて出発しました。

湿地の水辺の底をじっくり見てみると、とぐろ状になった卵塊を発見!
さらに移動しながら別の水辺を探すと、卵塊をいくつか確認できました。
       
それから東の谷のミニ湿地に移動して観察を続けました。
カスミサンショウウオの卵のほか、ため池でカエルの卵がたくさん
見つかり、参加者の皆さんは目を輝かせていました。