<Infomation/お知らせ>

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い、今年度の「歳末もちつき大会」は中止とさせていただきます。

歳末もちつき大会 参加者126名

西の谷農舎の広場で、今年収穫したもち米を使って、恒例の

もちつき大会を開きました。

          

もち米が次々と蒸し上がり、石臼に入れて、いよいよもちつきが

始まりました。つくときは、杵の頭がぶれないように、力まず

テンポよくつくのがコツです。

「よいしょ~!」の掛け声と共に、子どもさん達は杵を大きく

振り上げて、たくさんお餅をつきました。

       

今回のもちつきでは、関西学院大学の2名の学生さんがボラン

ティアとして参加され、一生懸命杵を振りました。

出来上がったお餅は、やわらかいうちに食べやすい大きさに

丸めていきました。その後、炭火でお餅を焼いてから、

お好みで、きな粉、砂糖醤油をつけて食べました。出来立ての

お餅の味は格別です!

       

お餅のほか、具沢山の豚汁も味わっていただき、去年同様に

列ができるほどの大好評でした。寒い中でのもちつきでしたが、

お餅と熱々の豚汁で参加者の皆さんは心も体も温まった1日に

なりました。