<Infomation/お知らせ>

まん延防止等重点措置が解除になりましたが、引き続き、マスク着用・手指の消毒・3密の回避など感染対策の徹底をお願いいたします。皆様にはご不便をおかけしますが、感染対策の取組にご協力をお願いいたします。

7月25日 ため池や水路の魚たち 参加者10名

生物多様性シリーズ3回目の「ため池や水路の魚たち」は人と自然の博物館の
田中哲夫さんを講師にお迎えして、西の谷の水路や池に住む生物をを観察し、
その生態を学んでいきました。

最初に西の谷の農舎で人と生き物の関わり方やカワバタモロコなどの水生生物の減少についてのお話を聞いた後、観察するために網を使って採集を始めました。

せせらぎ水路ではメダカなどの小魚が採集できました。六角東屋の奥の池で餌をつけた糸をたらして、生き物がかかるのを待ちました。池ではアメンボ、アメリカザリガニ、ヤゴなどを網ですくいました。

農舎に戻り、採集した生き物を近くで観察しながら、メダカのオスとメスの見分け方を教わったり、生き物の名前を復習しました。参加した子供さんは真近で見るヤゴやザリガニに興味津々の様子でした。また、採集したアメンボがもう1匹のアメンボを共食いする場面が見れました。