<Infomation/お知らせ>

8月20日(金)~9月30日(木)まで、緊急事態宣言 措置期間なります。マスクの着用、手指の消毒の徹底、3密の回避に一層のご協力をお願いいたします

両生類の卵の観察会 参加者15名

「両生類の卵の観察会」は緊急事態宣言の宣言により中止となって

いましたが、2月28日に解除されたことを受けて実施しました。

公園としては久しぶりのプログラムとなりました。

       

西の谷農舎で自然教室グループのボランティアの皆さんから

公園内に生息しているセトウチサンショウウオの生態などに

ついての話を聞いた後、ビオトープに移動しました。

水辺の周辺を歩いて、卵がありそうな場所を順番に見ていくと、

落ち葉の下などに、とぐろを巻いたセトウチサンショウウオの卵塊が

見つかりました。網ですくって、近くから観察しました。

セトウチサンショウウオの他に、アカガエルの卵塊やイモリを観察

できました。その後、東の谷のミニ湿地でヒキガエルの卵を観察して

プログラムを終了しました。

子どもさん達は水辺の生き物に興味津々の様子でした!