<Infomation/お知らせ>

通常開園しております。山に入る時は、鈴やラジオなど音の鳴る物を携帯してください。

シイタケの菌打ち 参加21名

時折雪がちらつき、冷たい風が吹く中、シイタケの菌打ちを

行いました。菌打ち作業が寒い時期に行われるのは、

暖かい時期ではほかの雑菌がドリルであけた穴に入り込んで、

椎茸菌が負けてしまうためです。

参加者の皆さんは菌打ちの方法と注意点の説明を受けた後、

原木の穴あけと駒菌の打ち込みにそれぞれ分かれました。

ドリルを使って、クヌギの原木に深さ2cmほどの穴を等間隔に

20~25個分あけていきました。子どもさんも大人の人に

手伝ってもらいながら、熱心に菌打ちに挑戦しました。

穴のあいた原木に駒菌を入れて、トンカチと木の棒で一つ一つ

丁寧に打ち込んでいきました。シイタケは駒菌を打ったところから

生えるわけではなく、1~2年ぐらいかけて菌が木の中で繁殖し、

違う場所から生えてきます。

        

最後に持ち帰り用の小さい原木に駒菌を打ち込んで、菌打ち体験が

終わりました。順調に育って、シイタケが生えますように!