<Infomation/お知らせ>

山に入る時は、ラジオや鈴などの音の鳴る物を携帯してください。

凧作りと凧あげ 参加11名

親子でビニール袋を使って凧作りと凧あげを行いました。

まずはじめに作り方の説明を聞いてから、それぞれ材料を取って

凧作りが始まりました。

ビニール袋を広げ、閉じた方を下にして切り抜く場所に

マジックで線を入れました。

袋を二枚重ね、線に沿ってハサミで切りました。それから凧の骨組み

である2本の丸棒をセロテープで貼り付けました。

凧の左右の表と裏にワッペン4枚、下部分の真ん中にしっぽをつけ、

糸をしっかり結びました。仕上げにマジックとポスカを使って

凧の表面に好きなキャラクターの絵や文字を描いて完成しました!

さっそく近くの農道で凧あげに挑戦しました。凧作りが始まった時間帯は

ほとんど風が吹いていませんでしたが、凧が出来た頃にちょうどよい風が

吹き出して、助走なしで凧を飛ばすことができました!

どの凧も青空を背景に空高く上がり、参加者の皆さんは時間いっぱいまで

凧あげに熱中しました。