<Infomation/お知らせ>

ご来園の際は、マスクの着用、手指消毒の徹底、3密にならないようお気を付けください。

生き物観察会 参加17名

朝夕には、まだ厳しい寒さが残り、春の陽気が待ち遠しい今日このごろ。

生き物観察会は西の谷エリアを中心に湿地などに生息している

水生生物を観察しました。初めにルーペを使って公園のビオトープに

産み落とされたアカガエルの卵をじっくりと観察しました。

湿地に移動して、セトウチサンショウウオの小さな卵塊を交替で

観察しました。今年は寒さの影響のせいか、卵塊を2つしか確認

できませんでした。

        

その後、ニホンミツバチの巣箱と蜜を観察しながら、ミツバチの

生態などについてのお話を聞きました。実物の巣箱と蜜に触れて

子どもさんは興味津々でした

        

昆虫小屋の堆肥の中に眠っているカブトムシの幼虫を掘り出しました。

最後まで責任を持って飼うことを条件に幼虫をお持ち帰りしました。

農舎の壁で見つけたカマキリの卵を観察して、プログラムを終えました。