<Infomation/お知らせ>

緊急事態宣言の再延長に伴い、兵庫県からの要請で4月25日(日)~6月20日(日)の間、公園内への持ち込み飲酒や食事は禁止します。なお、6月20日までに予定していたプログラムも中止といたします。皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解のほどお願い致します。

カスミサンショウウオの卵塊の観察会 参加者12名

JUGEMテーマ:エンターテイメント

東と西の谷で、カスミサンショウウオの卵塊の観察を実施しました。

特に西の谷で卵塊をたくさん見ることができました。

ボランティアさんからカスミサンショウウオの生態と注意事項の説明を

聞いたのち、保与谷池の奥にある、ため池に向かいました。

池の周囲をぐるりと見ていくと、「あったー!」と池の底にとぐろ状に

なったカスミサンショウウオの卵塊を3対見つけました。

西の谷へ移動し、ビオトープ内の卵塊のそばにカスミサンショウウオの

オスが1匹いましたが、子どもさん達の声に驚いて隠れてしまいました。

       

カスミサンショウウオの他に、ニホンアカガエルが卵を生んでいて、

21個の卵を確認できました。サクラバハンノキ林の水溜りでも

卵塊が見つかり、参加者の皆さんは興味津々の様子でした。