<Infomation/お知らせ>

新型コロナ感染拡大防止のため、マスクの着用、手指消毒の徹底、3密にならないようお気を付けください。

自然史講座「外来生物」について 参加者31名

東の谷管理棟多目的室で外来生物と植物をテーマにした

自然史講座を実施しました。

演題①「意外と身近な外来生物」

講師:野本康太さん(伊丹市昆虫館 学芸員)

海外から日本に渡ってきた外来昆虫などの生き物の生態や特徴、

生態系に与える問題点について解説されました。講座内では

従来種と外来種のバッタの見分け方などを写真で比較しながら、

分かりやすく説明されました。

演題②「里山で問題になりそうな帰化植物」

講師:植村修二さん(近畿植物同好会)

郊田畑や道路、池などで植生している外来植物を中心に、

日本各地に分布している外来種の種類や防除する方法などを

お話されました。

講座の終了間際には参加者の皆さんが身近で見かけた

外来植物について熱心に質問されていました

        

お昼休憩を挟んで13時から東の谷保与谷池周辺の散策路を歩きながら、

園内で植生している外来種の植物を観察しました。管理棟に戻ってから、

観察した植物の名前や種類を確認して講座を終えました