<Infomation/お知らせ>

3月・4月プログラムの予約受付中です。是非、ご参加ください!

生き物観察会 参加17名

時折寒風が吹いて、晴れたり曇ったりの不順な天候の中、

生き物観察会を行いました。

始まって間もなく孵化する前のカマキリの卵や昆虫小屋で

カブトムシの幼虫が見つかりました。去年はたくさんいた幼虫ですが、

今年は2匹しか見つかりませんでした。

ビオトープでは、ボランティアの皆さんからアカガエルの生態についての

解説を聞きながら、ルーペでアカガエルの卵塊をじっくり観察しました。

また、尾のないサソリに似た虫のカニムシが見つかり、子どもさん達の

注目を集めました。

        

奥の湿地に移動して、イノシシの泥田場に産み付けられたセトウチサン

ショウウオの卵塊を交替で見ました。今年は寒暖差の影響からか、

卵塊の数が少ないようでした。

その後、東の谷ミニ湿地に場所を移し、ヒキガエルの卵塊やゲンゴロウを

観察してプログラムを終えました。