<Infomation/お知らせ>

まん延防止等重点措置が解除になりましたが、引き続き、マスク着用・手指の消毒・3密の回避など感染対策の徹底をお願いいたします。皆様にはご不便をおかけしますが、感染対策の取組にご協力をお願いいたします。

センダンの木の植樹とマツタケ山の再生プロジェクト 参加者5名

東の谷で野鳥が好む実をつけるセンダンの苗木の植え付けを行いました。
散策路を通って、植え付け場所の野原まで移動しました。

山際付近で子どもさん達が交替でスコップを使って、適度な深さの穴を
掘りました。苗木を植えて、目印に竹の棒を差しました。
   
植え付けの間隔をあけながら、全部で5本のセンダンを植えました。
センダンは楕円形の実が落葉後も木に残っているさまが数珠のように
見えることから「センダマ(千珠)」の意味で名づけられたといわれています。

植え付けが終わった後、東の尾根みちを上って、マツタケの再生エリアの
様子を観察しました。3月に植えた松の苗木が元気に成長していました。